島津亜矢 特別公演

島津亜矢 待望の初座長公演!

抜群の歌唱力で聴く人を魅了する島津亜矢。お芝居とデビュー曲から最新曲まで、ド迫力の熱唱でつづるヒット曲、名曲満載のステージをお届けします!

期間:平成25年2月15日(金)~3月4日(月)

料金:
1階席 11,000円
2階席 6,000円
3階席 3,000円
特別席 13,000円

会場:新歌舞伎座

公演情報:http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20130215.html

第一部
~阪田三吉の妻・小春の生涯~ 獅子(ライオン)の女房

池田政之=脚本・演出

【あらすじ】
いったんは嫁いだものの出戻ってきた小春に縁談の話が舞い込んだ。相手の草履職人・三吉は仕事もそっちのけで賭け将棋に夢中、35歳にもなって独り者だった。しかし小春は初めて会った三吉の眼に凡人にはない光を見た。「将棋きちがいと出戻り娘、おもしろいかもしれない」小春は三吉と夫婦になる決意をする。その後夫婦となった二人はなんとか暮らしはてはいるものの、三吉は相も変わらず将棋ばかりの日々。そんなある日、三吉が将棋で相手に敗れて帰ってきた。涙の三吉に小春はプロになれと言い放つ。「生活はわてが支えます。将棋一筋に生きとくなはれ。将棋界の獅子になるんだす。わても獅子の女房になります!」

共演: 赤井英和、おりも政夫、山田スミ子、宮内洋、奈良富士子 ほか

第二部
島津亜矢オンステージ 「玲瓏(れいろう)」
~いつまでも美しく光り輝いていたい~

酒井澄夫=構成・演出

島津亜矢コンサート2013予定曲目

「帰らんちゃよか」  
「海鳴りの詩」  
「感謝状 ~母へのメッセージ~」   
「温故知新」  
「名月赤城山(セリフ入り)」
「一本釣り」  ほか

※曲目変更の際はご了承ください。

 

芦田昌太郎
小学1年生で、父(故・松山英太郎)と共に森繁久彌主演「孤愁の岸」で初舞台。 以後、学問との両立を図りつつNHK大河ドラマなどに出演。 1999年よりフランスに渡り、現地中学校にて日本語教師を務めた後、 パリ・ソルボンヌ大学で学ぶ。