テレビ朝日「京都南署鑑識ファイル 華道家元殺人事件」

放送日:2011年8月13日(土) 21:00~

脚本:福島治子  監督:伊藤寿浩
プロデューサー:佐藤凉一(テレビ朝日)、菊池 誠(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)
制作:テレビ朝日、アズバーズ

【出演】
田中美里、小林稔侍、東 幹久、黒田福美、長谷川朝晴、茅島成美
池上季実子、伊藤裕子、宮本真希、赤座美代子、八木小緒里、芦田昌太郎 ほか

【あらすじ】
京都南署の鑑識官・円城寺りつ子(田中美里)は、上司の志賀主任(小林稔侍)と共に京都で300年の歴史を誇る華道“一条流”の花展(かてん)会場を訪れた。最近、一条流を習いはじめた後輩の常磐康介(長谷川朝晴)に誘われたのだ。実は、一条流の家元は3カ月前に急死しており、この花展の作品によって次の家元が決まるという、一条流にとっては大事な花展だった。

http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

芦田昌太郎
小学1年生で、父(故・松山英太郎)と共に森繁久彌主演「孤愁の岸」で初舞台。 以後、学問との両立を図りつつNHK大河ドラマなどに出演。 1999年よりフランスに渡り、現地中学校にて日本語教師を務めた後、 パリ・ソルボンヌ大学で学ぶ。