炎 アンサンディ

今、世界が注目し始めたレバノン生まれの劇作家ワジディ・ムワワドの作品を、
日本の若手演出家として活躍めざましい上村聡史が演出する。

『炎』はベイルートで内線を経験し亡命を果たした作者ならではの視点から、
封印されていた自らの家族のルーツを解き明かしていくサスペンスフルな衝撃作。

『灼熱の魂』(邦題)というタイトルで映画化もされ、
2011年度のアカデミー賞外国映画賞にノミネートの他、
ヴェネチアやトロントをはじめ各国の映画賞に輝く折り紙付きの戯曲は、
現代劇でありながら、
どこかギリシャ悲劇の『オイディプス王』を彷彿とさせる
不思議な魅力に満ちあふれている。

今秋、ぜひこの衝撃作『炎』に、遭遇してください!

≪公演期間≫
2014年09月28日(日)~2014年10月15日(水)

≪会場≫
シアタートラム

≪作≫
ワジディ・ムワワド

≪翻訳≫
藤井慎太郎

≪演出≫
上村聡史

≪出演≫
麻実れい
栗田桃子
小柳友
中村彰男
那須佐代子
中嶋しゅう
岡本健一

≪劇場公式サイト≫
http://setagaya-pt.jp/

 

那須佐代子
1965年生。第47回紀伊國屋演劇賞 個人賞受賞。