獄門島

監督/市川昆

【キャスト】
石坂浩二 大原麗子 草笛光子 太地喜和子 司葉子 荻野目慶子 浅野ゆう子 武田洋和
中村七枝子 一ノ瀬康子 上條恒彦 辻萬長 小林昭二 ピーター 坂口良子 池田秀一
三谷昇 内藤武敏 稲葉義男 大滝秀治 三木のり平 松村達雄 加藤武 東野英治郎 佐分利信 ほか

【スタッフ】
製作:田中友幸、角川春樹 原作:横溝正史 脚本:日高真也、市川崑 音楽:田辺信一
演奏:東宝スタジオ・オーケストラ 撮影:長谷川清 美術:村木忍 録音:矢野口文雄
照明:佐藤幸次郎 編集:池田美千子、長田千鶴子 チーフ助監督:岡田文亮
製作担当者:徳増俊郎 整音:大橋鉄矢 スチール:橋山直己 錦絵製作:竹内邦夫
舞踏振付:西川りてふ プロデューサー:市川崑、田中収

【あらすじ】
終戦から1年経った昭和21年9月下旬。金田一耕助は、引き揚げ船内で死んだ戦友・鬼頭千万太(きとう ちまた)の手紙を届けるため、千万太の故郷・獄門島へと向かった。瀬戸内海に浮かぶ獄門島は封建的な古い因習の残る孤島で、島の漁師たちの元締めである鬼頭家の本家・本鬼頭と分家・分鬼頭が対立していた。金田一には、彼が息絶える前に残したある言葉が気に掛かって仕方がなかった。

「俺が生きて帰らなければ、3人の妹達が殺される…。」

金田一が島を訪れたその日を境に、その島で凄惨な連続殺人事件が次々と巻き起こり始める。

金田一は鬼頭家に客として迎えられる。この日、島の寺である千光寺の釣り鐘が島に戻り、千万太の従兄弟である一の無事が知らせられた。鬼頭家には千万太の妹三人と一の妹の早苗、それに後見人として千光寺の和尚、了念・村長の荒木、医者の幸庵がおり、彼女らを支えていた。また、復員兵が海賊として周囲に出没するとの噂。金田一は千光寺に宿泊。目を覚ますと、嘉右衛門の書いた俳句屏風が三つあった。うちの二つ、『無残やな 兜の下のきりぎりす』『一つ家に 遊女も寝たり 萩と月』は読めるが、もう一つが読めない。
その日、千万太の葬式が行われた。その直後、妹の一人が所在不明であることが発覚、了念和尚の指示で、各自捜索に出る。金田一は分鬼頭に出向き、寺に戻る。目の前に、和尚の提灯が見えるのを追っていると、彼は寺から飛び出してきて、金田一を呼ぶ。寺の庭では、科の世が足を帯で縛られ、桜からぶら下げられて死んでいた。金田一は、和尚が『きちがいじゃが仕方がない』というのを聞く。

中嶋しゅう
生年月日:1948年4月18日 出身地:東京都 身長:172cm 体重:62kg B:89cm W:76cm H:91cm