アドルフに告ぐ

マンガの神様と言われる手塚治虫。
「火の鳥」「ブッダ」など手塚作品の舞台化を実現してきた
日本屈指の演出家・栗山民也が、この度、手塚の代表作「アドルフに告ぐ」を手がける。 

ベルリンオリンピック開催の裏で、ある秘密文書が消えた。アドルフ・ヒットラーの出生の秘密が記されたこの文書に、
ふたりの青年アドルフ・カウフマンとアドルフ・カミル、そして多くの男女の運命が翻弄されていく。

第二次世界大戦をはさんだ大きな時代の流れに、残酷なまでに押され、揉まれ、阻まれながら、この物語は展開してゆく。人々は己の正義のみを信じ、ゆえに多くを失い、不条理な人生の結末を向かえて行くのだった・・・

漫画の世界観を見事に舞台上で表現してみせる栗山が 実力派キャストを迎え、よりリアルに「アドルフ」たちが生きた時代を鮮烈に描く。

この夏、今の時代に改めて問う作品となる。

≪公演概要≫
2015年6月3日(水)~6月14日(日) KAAT神奈川芸術劇場
2015年6月24日(水) メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
2015年6月27日(土)/ 6月28日(日) 京都芸術劇場 春秋座 (京都造形芸術大学内)
2015年7月3日(金)/ 7月4日(土) 刈谷市総合文化センター大ホール

≪キャスト≫
成河 松下洸平 髙橋洋
朝海ひかる
前田亜季
大貫勇輔 谷田歩
市川しんぺー 斉藤直樹
彩吹真央
岡野真那美 林田航平
石井愃一 

鶴見辰吾

≪スタッフ≫
原作:手塚治虫
演出:栗山民也
脚本:木内宏昌
音楽:久米大作
美術:松井るみ
照明:高見和義
音響:山本浩一
衣裳:前田文子
演出助手:河合範子
ヘアメイク:鎌田直樹
企画制作:KAAT神奈川芸術劇場、シーエイティプロデュース
企画協力:手塚プロダクション

≪公式サイト≫
http://www.adolfnitsugu.com/