或る王女の物語 ~徳恵翁主~

朝鮮王朝最後の王女、徳恵翁主(トッケオンジュ)。
1925年、若干12歳で単身日本へ。
留学と称してはいたが、朝鮮に対する日本の同化政策の一環であることは明白であった。
孤独の中、統合失調症を発症。伯爵、宗武志との結婚。
長女、正恵の誕生。十六年間に及ぶ入院生活。離婚。娘の死、、、。
戦後、50歳にして念願の帰国を果たした時には、物言わぬ王女となっていた。
「日鮮融和」の裏側で生きた、或る王女の物語。

≪日時≫
2016/11/02(水) ~ 2016/11/06(日)

≪会場≫
SPACE 雑遊

≪作・演出≫
シライケイタ

≪出演≫
筑波竜一
いわいのふ健
阪本篤
清水直子
中村美貴
小嶋尚樹

≪公式サイト≫
http://onsendragon.main.jp/wp/