ヘンリー五世

シェイクスピア作品中最も輝ける王、ついに登場

2009年『ヘンリー六世』、2012年『リチャード三世』と、新国立劇場ではシェイクスピアの歴史劇に取り組み、『ヘンリー六世』三部作の通し上演での充実した成果など、演劇界の話題と注目を集めました。また、昨シーズンは新たなシリーズの幕開けとして『ヘンリー四世』二部作を上演し、こちらの通し上演も大きな話題となったことが、記憶に新しいところです。

そして、今回はその続編となる『ヘンリー五世』が満を持して登場します。この作品では、前作のラストで新王に即位したヘンリー五世が内政の基礎を固め、さらに隣国フランスへの遠征に出向き、華々しい戦果を上げる様が活き活きと描かれます。我が国での上演頻度は決して高くありませんが、本国イギリスでは人気の作品で、著名俳優によって何度も上演され、また映画化もされている、まさに秘中の佳作ともいえる作品でしょう。
出演も、前作でヘンリー五世の若き日を演じた浦井健治がそのまま新王を演じ、演出の鵜山仁以下、充実のスタッフ、キャストでお贈りします。

≪公演日時≫
2018/5/17(木) ~ 2018/6/3(日)

≪会場≫
新国立劇場 中劇場

≪スタッフ≫
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:小田島雄志
演出:鵜山 仁

≪キャスト≫
浦井健治 岡本健一 中嶋朋子 立川三貴 水野龍司 吉村 直
木下浩之 田代隆秀 大滝 寛 塩田朋子 横田栄司
那須佐代子 小長谷勝彦 下総源太朗 清原達之 鍛治直人 川辺邦弘
亀田佳明 松角洋平 内藤裕志 田中菜生 鈴木陽丈 小比類巻諒介 永岡玲央
勝部演之 金内喜久夫 鈴木瑞穂

≪公式サイト≫
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009664.html