終夜

霧が包む夜
母の火葬を終え帰宅した、精神科医の男とその妻。
帰宅とともに前妻との娘からの電話が鳴り響く……
まともに取り合おうとしない男。それを責める妻。
そこへ、男の弟とその妻が訪れる。
同じの家に泊まることになった、不仲の兄弟。
家族の確執、喪失した青春、性的倒錯、それらを彩るジャズの調べ。
終夜、母の遺灰が見つめるなかで、男女四人が迎える朝は―――

風姿花伝プロデュース第1弾『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』で
数多くの演劇賞を受賞したスウェーデンの名匠ラーシュ・ノレーン83年の快作、日本初演。

≪公演日時≫
2019年9月29日(日)~10月27日(日)

≪会場≫
シアター風姿花伝

≪スタッフ≫
脚本 : ラーシュ・ノレーン
翻訳 : 岩切正一郎、ヘレンハルメ美穂
演出 : 上村聡史

≪キャスト≫
岡本健一、栗田桃子、斉藤直樹、那須佐代子

≪公式サイト≫
http://www.fuusikaden.com/nattvarden/index.html